レシピ

茅乃舎だしチャーハンのレシピ!シンプルな和風味のポイントは?

BFD3056C-F2F6-4728-B376-C31947D699EA

茅乃舎だしを使ったチャーハンのレシピをご紹介します!

出汁を利かせた和風味が後を引くチャーハン!

チャーハンって中華料理の定番ですが、それを和風に仕上げるっていうのは日本人ならではの発想ですよね。私が、なぜこの和風チャーハンのレシピを研究するようになったかと言うと、中華のお店で食べるチャーハンはそれぞれのお店の特徴はあっても全て共通する点が塩分が高くて塩っぱいことです。日本人は塩味が大好きなので、ついつい塩分を利かせてしまうのでしょう。その塩分をどうにかして減らしたいと考えた時、その塩分に代わる旨みとして出汁を利かせた和風味チャーハンを思い立ったのです。

そこで、思い切って食塩は使用しないレシピにしてみました。ただし、仕上げに香り付けで醤油を少々使います。また、しらす、ウインナーという塩分を含む食材も使用していますので、その食材に含まれる塩分で食塩を使わなくても十分美味しく仕上がります。

それから、私の個人的なこだわりがひつとあります。子供の頃から母が作るチャーハンには玉ねぎが入っていました。中華料理店のチャーハンにはあまり使われない食材ですが、私としては玉ねぎ抜きのチャーハンは考えられないのです。ただ、玉ねぎは水分が多く「パラパラ感」のあるチャーハンには不向きです。ただし、先に玉ねぎを炒めて余分な水分を飛ばしておくことで、フワフワ感と甘みのある優しい味に仕上がります。

こうして、和風出汁が利いたシンプルなチャーハンが完成しました。優しい味なのでいくらでも美味しく食べられると好評です。

8767E047-DF88-4883-99A2-2A81784BC744

Sponsored Links

茅乃舎だしを使った和風チャーハンのレシピ

【材料】(2人分)

6902E153-C60B-4C0F-8994-44CF60D6AF34

温かいご飯 お茶碗2杯分
卵 2個
玉ねぎ 1/4個
ウインナー 3本
しらす 適量
万能ねぎ 適量
茅乃舎だし 1袋
サラダ油 適量
醤油 少々

【作り方】

1.下ごしらえ

・玉ねぎは粗みじん切りにします。ウインナーは5mm〜1cm程度に細かく切ります。
・万能ねぎは細かく切ります。

2.先にウインナーと玉ねぎだけを炒める

A28F231E-C65B-4D27-9708-BB9E2DDFDC88

・フライパンにサラダ油を少なめに入れで火にかけ、ウインナーと玉ねぎを炒めます。
・玉ねぎが少し色づいたぐらいで火を止め、お皿に移します。

3.チャーハン作り

・フライパンにサラダ油を入れて強火にかけ、十分加熱したら溶き卵を入れ、その上からご飯を投入して素早くご飯に卵を絡ませていきます。

27A894E8-9094-436C-88C0-6DF8175B6BBD

・ご飯と卵が絡まったところで、茅乃舎だしを投入して素早く混ぜます。(茅乃舎だしは、あらかじめ袋を破って小皿に移しておきましょう。)

18E167E4-91DD-4004-8C1F-9FD36A6D7897

・さらに、ウインナーと玉ねぎを入れて、混ぜ合わせながら炒めます。
・最後に、しらすと万能ねぎを入れ、鍋肌に醤油を少々入れて、全体を混ぜ合わせて火を止めます。

93E2FB42-B1FA-4495-B4FF-26DF4A7EE87F

※この3.の工程を約2分程度で行います。

4.盛り付け

お皿に盛り付けて完成です。

美味しく作るポイントは?

チャーハンを美味しく作るポイントは、強い火力で短時間で作るっていうことですね。フランパンを上手に使えるようになれば、強火で熱しても焦げ付き無く炒められるようになります。

Sponsored Links